HOME > 公文書/パスポート認証

公文書/パスポート認証ガイド


公文書認証

公文書認証とは、日本の官公署が発行する証明書(戸籍謄本など)を外国で使用する場合に、そのままでは、権限のある機関が発行したかどうかを、外国の官公署が判断できないため、外務省や在日大使館・領事館などにおいて認証(確かに日本の権限ある機関によって発行されたものであることを証明すること)する手続きのことをいいます。

認証フロー

(1)証明書の準備

戸籍謄本などの公文書、または契約書や委任状などの私文書を準備します。

 公文書であっても、提出先の国の言語に翻訳したもの(翻訳文書)は、私文書になります。

  • 公文書の場合は、次へお進みください。
  • 私文書の場合は、最寄りの公証役場において認証を受け、かつ、その公証人の所属する法務局長の証明を受けます。
(2)提出先の国の確認

文書の提出先の国が、ハーグ条約の加盟国であるか、非加盟国であるかを確認します。(→こちらから)

  • ハーグ条約の加盟国である場合は、アポスティーユを受けます。
  • ハーグ条約の非加盟国の場合は、公印確認+領事認証を受けます。
(3)アポスティーユ/公印確認

外務省に(1)の文書を持参または郵送し、アポスティーユまたは公印確認を受けます。

  • アポスティーユの場合は、これで手続きは終了です。
  • 公印確認の場合は、次へお進みください。
(4)領事認証

在日大使館・領事館に(3)の文書を持参または郵送し、領事認証を受けます。

 大使館・領事館によっては、郵送での申請はできない場合があります。


パスポート認証

パスポート認証とは、日本人の方が、海外の銀行に個人口座を開設するときなどに、必要書類としてパスポートのコピーを求められる場合があり、そのパスポートのコピーを行政書士等の国家資格者が認証することをいいます。

パスポート認証が必要となる主な手続き

  • 海外の銀行に個人口座を開設するとき
  • 外国に居住するためのビザを取得するとき
  • 海外のクレジットカードを申し込むとき

パスポート認証の見本です。


お問い合わせ

仙台市内・隣接地域への出張相談は無料で承っています。

(022)220-0435 平日AM 9 時 ~ PM 7 時

 info□office-ban.com (□ → @)24時間受付