HOME > VISA

ビザ申請ガイド

在留資格の一覧はこちら
在留資格の変更、在留期間の更新についてはこちら

ビザ申請は当事務所をご活用ください

メリット(1) 入国管理局へ出向く必要がありません

申請取次資格を持った行政書士が申請者のビザ申請を入国管理局へ取り次ぎます。申請者のご都合のよい日・時間に行政書士と打ち合わせをするだけで、入国管理局への申請が可能となります。

 入国管理局から本人の出頭を求められることもあります。

メリット(2) 面倒な書類作成や収集から解放されます

入国管理局に提出する書類は、とても複雑で難しい内容です。また、必要書類の収集にも手間がかかります(場合によっては、仕事を休んで、書類の収集を行わなければならないこともあります。)。申請取次資格を持った行政書士は、この書類の作成や収集を申請者に代わって行います。

メリット(3) 不許可のときの再申請は無料です

万が一申請が不許可となった場合でも、その理由を詳細に検討し、許可の可能性があれば再申請を行います。この再申請は、何度でも無料で行いますので、ご安心ください。

 申請者側に不許可の理由がある場合は、再申請をお引き受けできない場合があります。

メリット(4) 迅速な手続きをお約束します

申請者から書類の一式を当事務所が受領してから、原則1週間以内に入国管理局への申請手続きを行います。

 書類一式の受領後に他の書類が追加で必要となった場合や、大幅に補正しなければならない場合などは、申請時期の目安をご連絡いたします。


あなたのビザ申請をお手伝いいたします!

仙台・宮城・東北各県(山形・福島・岩手・青森・秋田)のビザ申請は、当事務所にお任せください。

入国管理局への手続きについて確かな知識を持った申請取次資格者の行政書士が、責任を持って、迅速・丁寧に対応します。

一度、不許可・不交付となった申請についても、あきらめずにご相談ください。申請内容を見直すことで、許可・交付となる場合があります。

行政書士には守秘義務が課せられています(行政書士法第12条)。安心してご相談ください。


お問い合わせ

仙台市内・隣接地域への出張相談は無料で承っています。

(022)220-0435 平日AM 9 時 ~ PM 7 時

 info□office-ban.com (□ → @)24時間受付